糖尿病が改善しなければ全額返金!数々の糖尿病患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング


スポンサードリンク

2010年11月08日

血糖値を下げるためにダイエット

先日、メタボ検診で健康指導を受けたばかりなのに。

今週の連休でまた太ったみたい。

血糖値大丈夫かな。測定器がないから分からない。


血圧計や体温計みたいに簡単に計れたらいいのに。


1日200kcalのダイエットを3ヶ月勧められました。

目標は3ヶ月で−3kg

簡単な様で継続は難しいですね。

子どもと一緒だとつい食べてしまいますね。

アイスとか、お菓子とか。


医者に書いてもらった「メタボ改善計画書」を机の前に貼っておこう。

posted by ライフ・クオリティー at 23:46| 血糖値 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

正しいダイエットで血糖値を下げよう

肥満の問題は日本だけでなく、アメリカも切実で
国家プロジェクトとしてその撲滅に力を注いでいます。

アメリカでは肥満は精神的な弱さの象徴として判断され
管理職にはなれないとよく聞きますよね。

また中国でも2億6000万人以上の人が肥満といわれています。
つい最近まで貧富の差が激しいという感じでしたが
2億人以上とは驚きですね。

多くの国が飽食の時代を迎えたことで
高血糖による弊害が一気に各国で起こっています。

日本人でも30歳以上の男性の3人に1人が肥満と言われています。

肥満が高血糖を招き、あらゆる成人病の原因となっています。

ウエストのベルトがひとつずれるぐらい太ると

寿命が5年縮むとも言われています。


改めて肥満にならないようにしたいですね。


肥満にならないようにするためには
自分の適性体重をきちんと知っておくことが重要です。

適正体重はBMIという指標を基準にします。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で

BMIが25以上の人は肥満となります。

あなたはどうですか。計算してみてください。

25以上の人は生活習慣を見直し、体重を減らすことが必要です。

テレビや本などでいろいろなダイエットが評判になっていますが

これさえやれば痩せられるとか、

この健康食品を食べると痩せられるとかいうものが、
たくさんありますが

ダイエットに魔法のような方法は無いのです。

健康的な食事と適度の運動をする以外に痩せる方法は無いのです。

よくテレビで短期間でダイエットに成功して
見違えるようになった人とか見かけますが
継続できなかったり、リバウンドしたりしてしまいます。

ダイエットに近道はないのです。

生活習慣を変えて長期的な目線で実践していくしかないのです。

体重が急には減少しなくても、健康的な生活を行っていれば
体質は改善されて、健康に近づいていくのです。


血糖値の上昇を抑え、肥満を解決する方法として
次のことを守っていただきたいと思います。

1.過食をしない。
簡単なことのようですが、これが一番むずかしいことです。

腹八分目というより、腹七分目を目標にがんばりましょう、
最初はかなり物足りない感じがしますが、慣れるようにしましょう。

2.早食いをしない。
太っている人ほど食べるのが早いものです。

満腹中枢がはたらく前に食べてしまうと、
食事の量に歯止めがかかりません。

ゆっくり噛んで食べると、過食を防ぐことができます。


3.1日3食をきちんと食べる。

食事の回数を減らすと、栄養素を吸収しやすいからだになり、
太りやすくなります。

4.間食、夜食はしない。

特に寝る前に食事をとると、太りやすいからだになります。

5.薄味になれること

おかずの味付けが濃い味だと、ご飯の量が進み
過食につながります。

減塩によって高血圧対策にもいいですが、ダイエットにも効果的です。
薄味になれるようにしましょう。

以上5つの注意点を書きましたが、
一見簡単そうですよね。

でも毎日続けるとなると、なかなかうまく行かないものです。

「生活習慣を変えていくんだ」という強い意志が必要かも知れませんね。
posted by ライフ・クオリティー at 23:11| 血糖値 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

肥満とビタミンB2

肥満は糖尿病の大敵ですよね。

血糖値のコントロールが悪くなって
合併症を引き起こしやすくさせます。

また高血圧、動脈硬化、心臓病などリスクが高くなってきます。

どうにかこの肥満から抜け出したいですよね。
肥満は運動機能の低下をまねいて、体を動かすことがおっくうになり、
ますます運動不足となってきます。

悪循環ですよね。

この肥満、運動不足、食事の偏食などが要因なのですが、
どうにかしてこのからだについた脂肪を燃焼させたいですね。

そのためにはビタミンB2が有効といわれています。

ビタミンB2は細胞に酸素を送り込んで、二酸化炭素を排出する
いわゆる生命維持には必要な栄養素といわれています。

また食品として取り込んだ脂肪分をエネルギーに変換しやすくする
はたらきもあります。

脂肪を多く摂取したときはビタミンB2が十分あれば、
脂肪を効率よくエネルギーに変換してくれます。

食事制限や無理なダイエットを行うよりも
ビタミンB2を十分取ったほうがダイエットには効果があります。


適度な運動とビタミンB2を十分とることで
肥満を解消し、成人病の予防につながり、
健康を維持することができます。

肥満で血糖値が高い人はビタミンB2の不足を疑った方がいいかも知れません。

またビタミンB2はからだの中の塩分を対外へ排出させるはたらきもあるため
高血圧症の人にも効果が期待できるといわれています。
posted by ライフ・クオリティー at 00:41| 血糖値 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク







藤本式視力回復トレーニング【3日間限定】




★3日間限定価格★格安航空券はもう買わない!驚きの無料航空券入手法


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。